2017

2017年7月28~29日 但馬 氷ノ山登山



兵庫県養父市 氷ノ山

2017/7/29 撮影

2017 アルバム

7月28日

暑いので久々に氷ノ山へ、朝一登山で涼しく歩きたい。

先輩の川崎さんと夜8時頃出発、中国道宝塚から乗り西へ、加西で休憩し山崎まで。
コンビニで買出ししてR29を北上する、新戸倉トンネル内はまるで冷蔵庫のようだ。
鳥取へ入り道の駅若桜に到着しテント張って宴して就寝。

走行距離:149km

7月29日

朝5時に起きるつもりが、目覚めると8時!大寝坊してしまった。

道の駅 若桜にて前泊


急いで準備して9時前出発、八頭のコンビニで買出して仙谷登山口へ。駐車場にバイクを止め9時半スタート。

スキー場の駐車場にバイクを止める 仙谷登山口から入山

植林地帯を進み徐々に標高を上げていく、風通らず暑い。
沢沿いに上がって行くが、荒れ様は相変わらずで岩と木々が混在している。
沢水で顔を荒い喉を潤す、これが無いとここの登りはやってられない。

谷を上り詰め、最後の滝で一服休憩、時々風が来て涼しくなる。


体力が回復した所で出発、沢を離れ稜線に向けて激登りとなる。
久々の登山で身体がついて行かない、休み休み登りほぼ瀕死状態、、、。
何とか稜線にたどり着きベンチで休憩。


稜線を氷ノ山に向けて歩き、11時50分に氷ノ山山頂(1510m)到着、周囲はガスで何も見えない。
休憩所で昼飯大休憩とする、涼しい風が吹き抜け気持ち良い。


充分休憩して三ノ丸を目指し出発、景色なく目に入るのは笹原のみだが涼しく気持ち良い。
山頂付近はとんぼが乱舞し鶯が鳴き春と秋が入り乱れた状態で季節不明状態。
湿地帯を抜け三ノ丸の休憩所で一服、ここも気持ちよい。


休憩所から少し上下して、後は下るだけである、尾根を激下りしてスキー場に出て、自然探求路に入る。


自然探求路を歩いてミクワ谷へ、激冷の沢水で喉を潤しペットボトルに入れる。
ここの水は兎に角冷たく美味しい、続いてワサビ谷へ行き休憩。

ミクワ谷 ミクワ谷の激冷湧水
ワサビ谷 ワサビ谷

自然探求路からスキー場を通って2時44分に駐車場へ戻った。

氷ノ山:1510m
累積標高差:800m
所要時間:5:18
歩行距離:10.8km

駐車場 9:25 - 自然探求路合流 9:59 - 沢奥滝 10:58 - 稜線 11:25 - 氷ノ山 11:47 - 12:10 - 三ノ丸 12:50 -
スキー場リフト 13:35 - 自然探求路分岐 13:50 - ミクワ谷 14:06 - ワサビ谷 14:12 - 駐車場 14:44





次は温泉へ、R29を南下するが遅い車多く何度も眠気に襲われる。

久々に「しそう よい温泉」へ、JAF割なくなり600円に値下げされていた。
適温の源泉掛け流し露天風呂は最高に気持ち良い、登山の疲れを癒す。

しそう よい温泉

温泉上がると空がゴロゴロ鳴っている、夕立あるか?と思いつつ南下。
山崎でガス入れている時に突然大雨となる、カッパ着て高速に乗る。
加西に着くころには雨が止んで暑くなり、休憩。
赤松で更に休憩して西宮北で降りて、有馬経由で帰宅。

2年振りの氷ノ山は普段の練習不足が露呈した結果だった、景色なく残念だったが涼しくて良かった。
温泉も堪能出来て楽しい一日であった。

走行距離:191km
総走行距離:340km

2017







ラティース太陽光発電