2013年6月16日 但馬 東床尾山(西床尾山登山口〜西床尾山〜東床尾山〜糸井の大かつら〜西床尾山登山口)登山



但馬 東床尾山から北方面

2013/6/16 撮影

2013 アルバム

6月16日

兵庫県朝来市 東床尾山

360度の展望が開けると言う但馬の東床尾山へ行く。

7時15分出発、R176を北上する、ベストでは寒くて篠山でカッパ着用する。
青垣の道の駅で休憩し、和田山からK10〜川沿い林道を走る。
西床尾山登山口手前の川沿い空き地にバイクを止め、準備して10時スタート。

西床尾山登山口手前にバイクを止める 西床尾山登山口

羅漢の谷沿いに進むが、結構荒れていて谷の景色が良く見えない所あり。
苔むして濡れている岩は非常に滑り易く注意が必要だ。


案内板に「らいでんの滝」と言うのがあったので行って見たが、大したことなかった。
少し先に「おう穴」というのもあったがどこなのか確認出来なかった。

らいでんの滝へ らいでんの滝

暫く谷を詰めて行き流れの綺麗な所で一服する。

一箇所だけ岩越えがある 綺麗な流れの傍で一服

やがて谷を離れ尾根を登る、かなりの急直登りである。
辛い登りだが、尾根には涼しい風が抜けて疲れが癒される。

直登尾根 直登尾根

何とか尾根を登り切り、11時23分、西床尾山(843m)山頂到着。
東西に若干展望があり東床尾山が望める。

西床尾山(843m)山頂 東床尾山を望む

少し休んで東床尾山への稜線を歩く。
広くて歩き易く、時々展望が開ける。


東床尾山への登山道と合流し進むと荒れた小屋。
少し進んで12時11分、東床尾山(839m)山頂到着。
360度展望が開け景色良い、風も涼しく汗が引く。
展望はいいが、上空は雲が垂れ込めてイマイチな空が残念だ。
家で茹でてきた「温麺」を持ってきた氷水にぶっこみ食べる。

東床尾山(839m)山頂 東床尾山から西床尾山を望む
東床尾山から北方面 冷えた温麺が旨し

十分休憩して下山にかかる。
来たルートを戻り東床尾山登山道を下る。
広い尾根の先に崩れた避難小屋があった。


そこからの下山は植林地帯をジグザグに下る、細い作業道の様で滑り易く上り以上に気を使う。
何度か木橋があるが、丸太橋もあり滑って危険である。


東床尾山登山口に下ると、高さ35mの糸井の大かつらがある。
林道を歩いて1時50分にバイクに戻った。

東床尾山登山口 糸井の大かつら

展望は良かったが、生憎の雲であった。
直登区間は風がないと辛いので暑い時期には行くべきではないな。

西床尾山:843m
東床尾山:839.1m
累積標高差:766m
歩行距離:9.6km
所要時間:3:53

西床尾山登山口 10:00 - らいでんの滝 10:32 - 尾根取付き 10:59 - 西床尾山 11:23 - 東床尾山 12:11 - 12:45 東床尾山登山口 13:35 - 西床尾山登山口 13:50





兵庫県朝来市山東町 よふど温泉

登りで大量に汗をかいたので温泉に行きたい。
「道の駅但馬のまほろば」に寄ってから「よふど温泉」へ。
泉質は特徴無いが近くなので十分。

よふど温泉

帰路はR176を下り、三田から西谷経由、西谷夢広場で一服してから帰宅した。

走行距離:233km








ラティース太陽光発電